SPH粒子法により拓かれる解析の新時代 流体・固体・熱解析を可能とするグローバル基準の解析手法

SPH研究所について

株式会社SPH研究所は横浜国立大学発の企業として、最先端の物理解析ソフトウェアの開発・販売を行っております。
SPH粒子法は有限要素法や差分法など従来の連続体シミュレーション手法と異なり、要素や計算格子を必要としないメッシュレス解析手法であり、
流体問題から固体問題、伝熱問題と応用が広がっており、製造現場での諸問題を解決する手法として使用が広がっております。

事業概要へ

粒子法解析ソフトウェア

SPHinx-POWDER SPHinx-POWDER
DEM-SPH粒子法の連成解析手法を導入し、熱を考慮した圧縮性粉体の挙動を精度よく評価できるほか、流動する粉体の攪拌解析を行うことができます。
SPHinx-FLOW SPHinx-FLOW
圧縮性、および非圧縮性粘性流体を扱うことが可能。熱を考慮した流動挙動を精度よく評価できます。具体的には鋳造湯流れ、凝固・収縮計算、射出成型、冷却解析を行うことができます。
SPHinx-SOLID SPHinx-SOLID
メッシュレス破綻が発生しないため、超大型解析が可能。構造物の破壊プロセスといった、クラック進展などの表現が容易となっています。

解析事例

株式会社SPH研究所が開発した、解析用ソフトウェアSPHinxシリーズによる解析事例をご紹介いたします。

  • 粉体圧縮成形解析
  • 複合材料解析
  • 繊維流れ解析
  • 鋳造解析
  • 粉体攪拌解析
  • 複雑構造物応力解析
  • 一般熱流れ解析
  • 粉体焼結解析
  • 破壊、亀裂進展解析
  • 表面張力、濡れ性解析
  • 人体・臓器解析

解析受託・コンサルティングも行っております。
全国対応できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

  • 解析事例
  • 解析事例
  • 解析事例
  • 解析事例
  • 解析事例
  • 解析事例
  • 解析事例
  • 解析事例
受託サービスについてはこちら
株式会社SPH研究所
TEL/FAX:045-334-2023
〒240-8501
神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5
横浜国立大学総合研究棟E201
会社概要
お問い合わせフォーム
page top